中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

更新日:2024/01/10

「中学受験は親の受験」といわれるほど、保護者の方の果たす役割は大きいです。理由は、本人の意思で勉強をできる中高生にくらべ、小学生は自分で受験の対策を行うにはまだ難しい年ごろのためです。志望校合格に向けて、親はどのようなサポートをする必要があるのでしょうか?

目次

中学受験に「親子」で挑まなければならない理由

中学受験では、その大半の受験生が小学4年生(小学3年生の終わり)から受験に向けた勉強を本格的にスタートさせます。中学生や高校生であれば、ある程度本人の意思で勉強に取り組めますが、わずか9~12歳の小学生にとっては難しいもの。学習管理や生活習慣、お子さまのモチベーション維持など、保護者の方のサポートが不可欠です。

【体験談】保護者の皆さまが心がけていたこと

栄光ゼミナールで2023年に行ったアンケートでは、中学受験に合格した生徒の保護者の方に、お子さまへの接し方として心がけていたことを聞きました。いただいた回答から一部抜粋してご紹介します。

声掛け

  • 基本的には本人と塾の先生にお任せしていたので、あまり口は出さなかったです。なかなか勉強にとりかからない時は、「勉強(宿題)やったの?」と言うのではなく、「後から後悔するようなことのないように」と、何をするべきかを考えさせるように声掛けしてきました。それがよかったのかはわかりませんが、今は良かったと思います。
  • 本人に任せるとの思いはありつつも、親の声かけ(そろそろ課題やる?、もう寝る時間だよ、自習室行ってきたら?、など)が必要な場面はあり、そのバランスのとり方は最後まで試行錯誤でした。
  • 勉強面では解き直しできているかの確認をしていました。疲れているなと思った時は、無理をしないように休む時間も作りました。「よく頑張ってるね!」と声がけしていました。
  • 学習計画や、テスト直しの進捗はこまめに確認しました。ただ秋以降、反抗期も重なってしまい、あまり口を出すとイライラされたので、なるべく本人の意思を尊重するようにした。
  • 学習習慣の獲得、継続を重視し、「もう勉強やらない!」とならないよう緩急つけて声をかけました。

生活/勉強環境

  • 一定期間の勉強スケジュールを子供に決めさせるようにしていました。睡眠時間は意識していました。
  • 本人のやる気がUPすることを積極的に実施した。おいしい&食べたい食事の用意など。
  • 学習面は塾に任せていたので、家族も含めた健康管理(ウイルス対策、食事、睡眠)に気をつけていた。ただ声をかけすぎるとうるさがられてしまって、本人にはストレスだったようだ。
  • 勉強をしている時は同じ空間にいる様にし、本人が安心して勉強が出来る様にしました。
  • たまに息抜きで、好きなことをしながら勉強をしてました。また、模試の帰りに、ご飯やデザートを食べたり、また、少し寄り道をしていました。
  • 勉強に集中できる環境作り。テレビを付けっぱなしにしない、など。
  • 下の兄弟が遊ぶ時間をずらしたりして集中できる静かな環境をできるだけ作るようにしました。
  • 勉強のことはあまり聞かず、本人に任せてました。たまに勉強部屋の掃除を一緒にして、テキストや資料を一緒に整理しました。
  • コピーやプリント整理などの細かい作業は親が分担し、子供が勉強に充てられる時間を増やせるようにした。

褒め方

  • プレッシャーをかけないようにとにかく励まし次があるから大丈夫と言い続けた!
  • 基本は普段と変わらずにいましたが、子供が問題を解いて「出来た!出来るようになってきた!」と言う時は、「すごいね!どんどん出来るようになるね!」と褒めたり「一日一日を大切にしよう!」の言葉かけを沢山しました。
  • いつも通りと変わりませんが、塾で帰りの遅い日やゼミなど長い時間学習して帰ってきたときは、ねぎらいました。
  • 日々の頑張りを認めること。
  • 成績が伸び悩んでいた時も、悪いところを指摘するばかりでなく、良いところを見つけて褒めることも忘れないようにしました。また、模試の帰りに美味しいものを食べるなど、お楽しみを作っていました。
  • 基本はほめる。とにかくいいところをみつけてほめる。その上で、改善点を指摘する

見守る姿勢

  • 子供が決めた受検なので勉強には極力干渉しないようにした
  • 志望校選び、塾選びなど、全てにおいて本人の選択と意思を尊重するようにしました。本人が納得したうえで受験勉強に臨むことが大切だと考え、習い事をいつまで続けるかなど、親は口を挟まずサポートに徹しました。
  • 勉強の進め方については本人に任せて、して欲しいことを示してもらいサポートに徹しました。
  • あまりプレッシャーをかけたり、勉強するのを強要しないように、出来るだけ見守る姿勢を取るように心がけた。
  • 最初の頃、分からないところは私が教えないとと自分もテキストを読んで意気込んでいました。しかし、これでは子も辛いだろうと思い、勉強は塾の先生方とテキストの解説にお任せし、家族は応援団として解きなおしのスケジュール管理などをして見守ることにして、本人が安心して自分は大丈夫と思えるようにサポートを切り替えました。
  • 本人の自主性を尊重して、無理やり勉強をさせない
  • 勉強については極力本人のペースに任せるようにした。勉強に対してやる気を感じられなかった時も勉強に集中している時も、声をかけることを控えるようにした。

中学受験で大切な親の役割とは?

親の役割として、一番大事なのは"一番の応援者"であることです。
お子さまの頑張りを常に一番近くで見ている保護者の方が応援者であれば、受験勉強に励むお子さまのモチベーションに繋がります。しかし、応援者とはどのようなことをすればいいのでしょうか?お子さまの意欲向上につながる方法をご紹介します。

毎日の声がけで勉強を習慣化

志望校合格への第一歩は勉強を毎日の習慣にすることです。そのために必要なのは、机に向かう「時間」と「内容」を決めること。例えば、「朝、学校へ行く前の30分間は漢字演習や計算問題に取り組む」「塾がない日は、帰宅後すぐに苦手教科を勉強する」など、お子さまと一緒にルールを決めて、しっかり実行できるまで根気よく声がけを続けましょう。歯磨きや入浴のように「するのが当たり前」「やらないと気持ちが悪い」と思えるようになるのが理想です。特に受験勉強をスタートした小4の時期は勉強習慣をつけるためにも、根気よく声掛けをしていきましょう。

規則正しい生活が学習効率の向上につながる

学年が上がるごとに学習量は増加していきます。深夜まで勉強して夜型の生活が定着してしまうと、睡眠不足から学校や塾の授業に集中できずかえって逆効果です。早寝・早起きするよう声がけし、バランスのとれた食事で健康な規則正しい生活を送るためのサポートを心掛けてください。

勉強に集中できる体制をつくる

お子さまが自宅で勉強している時に横についている必要はありません。日々の学習スケジュールの管理や学校・塾で配られるプリント類の整理など、お子さまが集中して机に向かうための体制づくりを手助けしてあげてください。お子さまが手一杯になってしまっているのであれば、やるべきことをリスト化したうえで、勉強時間を確保してあげましょう。

具体的に褒めることでモチベーションアップ

頑張りを認めてもらえることが、お子さまにとって何よりのモチベーションになります。「今日は○○の勉強をよく頑張ったね」「前に間違った問題を、今回のテストでは正解できたね」など、具体的に褒めてあげてください。親が自分をきちんと見てくれている、応援してくれていると感じることが、「今度はもっと頑張ろう」という意欲につながります。

小さな目標設定で「中だるみ」を乗り越える

受験本番までやる気を保ち続けるのは難しいものです。「最近、気が抜けている」と感じた時は、志望校合格という最終目標ではなく、「今日はこの問題を全部解いてみよう」「次のテストでは○点を目指そう」といった小さな目標を立てて、見事達成できた時に思い切り褒めてあげましょう。1つひとつの目標をクリアしていくうちに自信がつき、徐々にやる気も戻ってきます。

学習面の指導は「塾」に任せましょう

親は勉強を教えるプロではありません。勉強に関しては、塾にすべて任せるようにしましょう。保護者の方が勉強を教えているとよくあるのが、すぐに解を教えてしまうこと。中学受験では、解にたどり着くまでの過程が重要なので、お子さまの学習に悪い影響を与えてしまいます。家でお子さまが机に向かっていると、ついつい横に張り付いて勉強を見てあげたくなりますが、その教え方が塾と家庭で違っていたらかえって混乱を招くことにもなります。
栄光ゼミナールでは、授業以外の時間でも質問を受け付けています。ご家庭で学習中にわからなくなった問題も、相談に来てください。お子さまにすぐに教えてもらえる環境を作ることで、受験勉強が円滑になりますし、親子喧嘩も少なくなることでしょう。

ご家庭での会話を大切に

栄光ゼミナールでは保護者の方に「ご家庭でお子さまと積極的に会話してください。」とお願いしています。近年の中学受験は、知識があるだけでは解けない思考力・表現力が問われる問題が多くなっています。この力に必要不可欠なのは多様な視点からの意見です。ご家庭での会話で意識していただきたいのは以下の2点です。

「大人目線」で話す

「子どもと話す時は視点を合わせて」と言われますが、あえて「大人の目線」から話してみましょう。私立中学の入試は、文章が大人の視点で書かれていることが多く、親子で会話をすることで、お子さまが大人の視点を学ぶことができます。
難しい言葉をあえて使う必要はありません。たとえば、文章中に「袴」という言葉が出てくるとします。しかし、お子さまが「袴」を見たことが無ければ、どんなものか想像できないのです。こういったジェネレーションギャップを1つずつ拾い上げていき、「こういうものだよ」ということを教えてあげることで、お子さまの知識と教養が広がっていきます。注意していただきたいのは、大人が子どもに合わせるのではなく、大人の目線を教えること。親子でギャップを感じながら会話を楽しむのが良いでしょう。

会話でアウトプットすることで、復習につながる

学校や塾で習ったことを、お子さまが自分の言葉できちんと説明できるかどうかで、学習内容の理解度がわかります。「今日はどんなことを習った?」と声がけして、しっかりと話を聞いてみましょう。うまく説明できないようなら、お子さま自身が授業の内容をしっかり理解できていないということ。もし、お子さまが答えに詰まるようならば、塾の先生に相談してみましょう。
栄光ゼミナールなら、授業が無い日も先生に質問できますし、自習室で勉強することもできます。ご家庭での会話を積み重ねることで、入試本番でも十分に力を発揮できるようになるでしょう。

「父親との会話」も大きな意味を持つ

一般的に、母親と比べて父親の方が子どもとのコミュニケーションが不足しがちですが、お父さまも積極的に話す機会を設けてください。父親と母親では考え方も違うので、お子さまが新たな視点を得る機会を増やすことにつながります。
栄光ゼミナールのある教室で、塾に来ると毎回家庭学習での疑問を質問をしてくるお子さんがいました。成績もめきめきと上がっていくので、理由をきいたら「塾で習った内容を話していたら、お父さんも学習内容に興味をもって一緒に勉強するようになった。質問の内容はお父さんからでた疑問だった」なんて例も。お父さまと勉強したことで、お父さまと自分との視点の違う疑問点や考え方を知り、答えの新たなアプローチを共有できたことが、成績アップにつながった良い例です。

栄光ゼミナールは「中学受験のプロ」として、保護者の皆さまとともにお子さまの合格までの道のりをサポートします。

栄光ゼミナールは、中学受験のノウハウを知り尽くしたプロとして、合格までの道のりを万全の環境でサポートします。授業がない日でも利用できる自立学習室「i-cot」や、いつでも質問できる講師陣など、お子さまの頑張りを支える体制が整っています。保護者の方からのご相談も受け付けていますので、家庭での過ごし方や勉強方法など、気になることがあれば気軽にお声がけください。

栄光の中学受験対策では最新の受験情報をもとに、進路指導を行ったうえで目標達成に必要な学習プランを作成し、勉強の進め方、志望校対策まで、講師が生徒1人ひとりに寄り添って指導します。少人数で発言や質問がしやすく、仲間と切磋琢磨しながら成長できるグループ指導と、先生の隣でわからないところや苦手を中心に、自分のペースで学習を進められる個別指導があります。お子さまに合った指導形態で合格に向かって学習を進めることができます。

無料体験

はじめての方はご希望の教科
無料で体験できます

※一部対象外のコースがございます。詳しくはお問い合わせください。

資料請求 (時間割・料金表・パンフレット)

全教室の資料をメールで即お届け!
今すぐご検討いただけます。

※ご希望のすべての教室の資料が見られるURLを、メールでお送りいたします。

お電話でのお問い合わせは
0120-315-853
月〜土 10:00-21:00/日/祝10:00~18:00

毎月LINE公式アカウントで配信

関連記事

【プロが教える中学受験】算数の勉強法

中学受験で一番重要といわれている算数ですが、苦手なお子さまも多い教科です。今回は、栄光ゼミナールの中学受験指導のプロが算数の勉強法を解説します! 続きを読む

めざせ偏差値アップ!プロが教える中学受験【理科】の勉強法

たくさんの知識が必要な理科。暗記が不可欠だと思う方も多いと思いますが、近年の中学入試は暗記によった学習では太刀打ちできません。理科が苦手なお子さまにもできる、理科の勉強法を紹介します。 続きを読む

中学受験のプロが解説!社会が苦手なお子さまへご家庭でもできる社会の勉強法をご紹介します。歴史・地理・公民、各単元の勉強法はもちろん、暗記の仕方や苦手を得意にする方法など成績アップにつながる勉強法です。 続きを読む

勉強の仕方がわからない!プロが教える中学受験【国語】の勉強法

試験よって点数にムラが出るお子さまも多い国語。しかしどのように勉強したらいいのかお困りの保護者の方もいらっしゃるのでは?今回は中学受験のプロが教えるご家庭で出来る国語の勉強法を紹介します。 続きを読む

一覧へ戻る

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー