共働き家庭こそ中学受験を!ポイントは家庭学習の整備と親のかかわり方

更新日:2024/05/20

内閣府が発表している男女共同参画白書(令和4年概要版 p.6)によると、女性の社会進出が進む中、共働きのご家庭が増えています。働きに出ることで子どもの家庭学習の機会が減るのでは?と不安に思う保護者の皆さま、ご安心ください。学習環境をどのように整備するかで、学習習慣が身につくかどうかが決まります。

目次

共働き家庭の最大のメリットはがんばる親の姿を見せられること

一般的に、「中学受験は親の受験」と言われるほど、親への負担が大きく、覚悟が求められると言われており、共働きのご家庭では中学受験は不可能だと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、栄光ゼミナールは多数の共働き家庭の受験を合格に導いてきました。その理由は、栄光ゼミナールの「ご家庭にはできるだけ負担をかけない指導」という教育方針です。ご家庭の負担だと思われていた「塾でもできること」を責任をもって指導させていただくことで、共働き家庭の中学受験を成功させています。
中学受験は確かに大変です。塾選びに失敗すると保護者の方の負担も増加し、仕事との両立も厳しくなるでしょう。共働き家庭でなくても保護者が疲弊してしまうほどです。しかし、家事に仕事にとがんばる親の姿を見せると、お子さまは自分でスケジュール管理ができるようになるなど、お子さまの自立に向けてプラスに働くことも。栄光ゼミナールではお子さまだけでなく、保護者の方も支えられる存在になりたいと考えています。

塾とご家庭のつながりが中学受験を突破する

「(子どもと)また喧嘩してしまった」「忙しいし難易度も高いし私では勉強を見てあげられない。どう対処したら良いのか...」受験直前期はとくに、このようなご相談が増えてきます。

栄光ゼミナールからご家庭でのサポートをお願いする部分は、生活管理(睡眠・食事)やモチベーションアップなどご家庭内でしか解決できないことばかり。成績面や学習指導については、塾が面倒を見ますのでご安心くださいとお話しています。また、心配なこと、不安なことがあればいつでもお気軽にご相談ください。教室スタッフが保護者の皆さまの気持ちに寄り添い、お話をじっくりお伺いします。
もちろん、塾で全てが解決できるということはありませんが、なるべくご家庭に負担をかけない方法を模索しつつ、「こうしていただければ解決できます」「ご家庭でこうしてみてください」と解決策をご提案させていただきます。こういったことも、少人数指導にこだわる栄光ゼミナールだからこそ徹底できていると言えます。

共働き家庭で家庭学習は厳しい。自習室の活用しよう。

誘惑のない静かな環境で集中できると人気の自習室

共働きのご家庭では、お子さまの家庭学習を見守るのはなかなか難しいですよね。お住まいの自治体にもよりますが、学童保育は3年生までが対象のところも多いようです。中学受験をお考えで無いご家庭でも「小4から学童に通えなくなるから、習い事や塾に通わせようか」というお話もよく耳にします。
そんなご家庭には、栄光ゼミナールの自立学習室が力になります。共働きのご家庭ですと、仕事が終わった後にお子さまの学習を見るのは時間的に厳しい。しかし、栄光ゼミナール自習室ならば、授業の無い日も教室が空いている時間であればいつでも自由に利用できるので、お迎えまでの時間を有意義に過ごすことができます。教室職員の目の届くところで安心して自習することができ、手が空いている職員がいれば質問対応もできます。栄光ゼミナールの教室は駅近なので、会社帰りにお迎えに行くのにも便利です。

また、中学受験塾では宿題が多く出ますが、ご家庭内ですべて見ることは難しいですよね。その場合は家庭学習についても塾を頼りたいところではありますが、塾によっては思うように質問ができず、家庭学習が進められない、ということも。そうなると、新たに宿題を見てもらうための個別指導塾を併用する必要が出てきます。こういったことを考えると、経済的にも家庭学習管理や質問対応までしっかりサポートしてくれるような塾のほうがおすすめです。

中学受験の学習をする上で、刺激をくれるのは親より仲間の存在

子どもたちを見ていると、最初は受験する気はなかったけれど、教室で出会った友だちに触発されて、受験をしたいと言い出した!というケースもあります。保護者の思いとして、最初は「学習習慣が身につけば...」という気持ちで通い始めたとしても、お子さまの気持ちは日々変わっていきます。目標を持ってがんばる友だちとの出会いは、良い刺激になるはずです。
受験直前期の教室は自習に来る生徒がいっぱい!時には自習室が満席となってしまいます。小6や中3の先輩たちが「あと1時間」「あと1問」とがんばる姿は、受験生ではないお子さまたちにも良い影響を与えているようです。

ご存知ですか?ピア効果

仲間と一緒に何かに取り組む、または周りに意識や能力の高い人がいると、自然な形で互いを刺激し合いながら高め合う、「ピア効果」が生まれます。一人きりで机に向かうだけでなく、ライバルや友人に触発される場があることで、もっと伸びていけるかもしれません。「我が子がこんなに積極的になり、親として驚いています」というお声を多数いただいています。

自由に使える、聞ける、学習習慣も身につく

保護者の皆さまとお話していると、「家で勉強を教えようとするとすぐに喧嘩になってしまって...」という声をいただきます。家族だからこそ、うまくいかない時もあります。
そんな時は栄光ゼミナールに自習に来てください。それぞれのブースで、学校や塾の宿題ができ、過去問にも取り組める。わからないところは受付ですぐに先生に質問できます。自習室を活用していただくことで、講師もお子さまの学習の進捗を把握できるようになり、苦手になりそうな範囲を早めに見つけることもできます。ただし、栄光ゼミナールの講師たちは聞かれたこと全てについて「教えすぎない」ようにしています。「なぜそう思ったの?」「ここはこの前一緒にやったよね、もう一度考えよう」と発問をくり返すことで、生徒の学ぶ意欲を引き出していくからです。
このように自習室を活用していくと、自発的に学ぶ意欲や「いつまでにこれをやっておこう」とスケジュール管理する力といった「学習習慣」が身につきます
「せっかく自習室があるのに、(親が)行けと言っても行かない...」というときも、教室までご相談ください。教室から生徒を呼び出したり、家庭学習の方法を指導したり、お子さまがより成長するよう全力で指導します。

共働きで中学受験をお悩みなら栄光ゼミナールにご相談ください。

確かに数年前までは、付きっきりでサポートしないと中学受験は無理といわれていました。しかし、栄光ゼミナールは共働きのご家庭の味方です。保護者の方の中には、お子さまの勉強を見てやれる時間が少ないことが気になる方もいらっしゃると思いますが、そこは栄光ゼミナールにお任せください。ある程度お子さまとの距離を保つことで、保護者の方のストレスも減り、良い影響を与えることもあります。中学受験でお困りの方はぜひ栄光ゼミナールにご相談ください。

栄光の中学受験対策では最新の受験情報をもとに、進路指導を行ったうえで目標達成に必要な学習プランを作成し、勉強の進め方、志望校対策まで、講師が生徒1人ひとりに寄り添って指導します。少人数で発言や質問がしやすく、仲間と切磋琢磨しながら成長できるグループ指導と、先生の隣でわからないところや苦手を中心に、自分のペースで学習を進められる個別指導があります。お子さまに合った指導形態で合格に向かって学習を進めることができます。

無料体験

はじめての方はご希望の教科
無料で体験できます

※一部対象外のコースがございます。詳しくはお問い合わせください。

資料請求 (時間割・料金表・パンフレット)

全教室の資料をメールで即お届け!
今すぐご検討いただけます。

※ご希望のすべての教室の資料が見られるURLを、メールでお送りいたします。

お電話でのお問い合わせは
0120-315-853
月〜土 10:00-21:00/日/祝10:00~18:00

毎月LINE公式アカウントで配信

関連記事

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートをする必要があるでしょうか? 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

中学受験を考えている保護者の方からよく聞かれるのが「習い事はやめたほうがいいですか」という質問。中学受験と習い事どちらを選択するかは悩みますよね。しかし、両立するという選択肢を考えてみませんか? 続きを読む

一覧へ戻る

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー